紫峰建設安全会-shihou construction security meeting-

紫峰建設安全会とは

紫峰建設安全会

「紫峰建設安全会」は、建設業に従事する一人親方・家族従事者の方々のために設立されました。当会は、厚生労働省認可、龍ヶ崎労働保険事務組合に事務を委託しています。


『一人親方労災保険特別加入制度』とは

業務の実態が限りなく労働者に近く業務中に負傷する 可能性が極めて高い 一人親方・家族従事者について 国で定めた労災保険に加入させ 労働者に準じた補償をする制度です

加入証を発行します

携帯できる「加入員証」を発行します。現場で提示を求められても安心です。

特別加入の主な給付

療養費

仕事上の傷病の治療費は、すべて無料です。(給付基礎日額による差は一切ありません)

休業補償

休業4日目から1日につき、平均賃金(給付基礎日額)の8割が休業期間中支給されます。

傷病年金

療養開始後、1年6カ月経過しても治ゆせず、 傷病等級(1~3級)に該当するとき年金が支給されます。

障害補償

障害が残った場合、一時金または年金が支給されます。

遺族補償

死亡したとき、遺族に対し、年金・一時金・葬祭料が支給されます。

介護補償

傷病または障害年金を受給している方が介護を受ける場合に支給されます。

年会費、保険料

年会費18,900円(月額1,525円)
+ 給付基礎日額に対応する保険料(下記表参照)

給付基礎日額 保険料(年額)
20,000円 138,700円
18,000円 124,830円
16,000円 110,960円
14,000円 97,090円
12,000円 83,220円
10,000円 73,000円
9,000円 62,415円
8,000円 55,480円
7,000円 48,545円
6,000円 41,610円
  • 給付基礎日額とは、もしも労働災害にあった場合の給付額の基礎になる金額です。
  • 給付基礎日額の金額変更は保険年度初めにしか出来ない為、十分考慮して決めてください。
  • 給付のうち、療養費(治療費)・休業補償請求の為の諸手続費用は、会費に含みます。その他の諸手続等は、別途費用がかかります。

加入対象者(一人親方とは)

  • 従業員を使用せずに建設の事業(土木・建築その他の工作物の建設・改造・保存・修理・変更・破壊もしくは、解体又はその他の準備の作業)に従事している者とその家族従事者をいいます。
  • 法人の役員でも、従業員を使用していなければ対象となります。
  • ときどき従業員を使用したとしても、年間100日未満であれば一人親方とみなされます。

加入時の健康診断について

仕事の内容、職歴によっては「健康診断」(費用は無料、検診実施機関(病院等)が遠隔地となる場合もあり)を受けていただく場合があります。また、その結果によっては加入できない場合もありますので、ご了承ください。

特別加入予定者の業務の種類 特別加入前に左記の業務に従事した期間
(通産期間)
粉じん作業を行なう業務 3年
身体に振動を与える業務 1年
鉛業務 6カ月
有機溶剤業務 6カ月

加入方法

  • 記入済のs_pdf.png申込書s_pdf.png誓約書
  • 加入者本人の運転免許等のコピー
  • 保険料等(保険料+会費)

    ※年度途中で加入の場合、 月割りとなります。


PAGETOP